FC2ブログ

ギターマンドリン合奏団 "meets"

ギターマンドリン合奏団 "meets" の活動を紹介

『カエリヤマエイジ(帰山栄治)』

2010.10.16 (土)
こんにちは。どら・パートのひろころ(@^^@)です。
朝晩は、さすがに涼しくなりましたね。
秋の味覚、栗と梨をいただきました。

さて、タイトルの『帰山栄治』
作曲家。大学の大先輩であります。
Wikipediaではこちら→帰山栄治

大学に入学して、
ギタマンの演奏会へ行って、
そのまま宴会に連れていかれて、
とりあえず、ギターマンドリンクラブに入った。
でも、練習は、さっぱり。。。(^^ゞ
・・・というか、クラブの雰囲気になじめなくて。
家では、それなりに練習してたんだけど・・・
文系の人が多かったし、
みんな、『音楽やってます!!』みたいな感じで、
私のように、ガサツなヤツは、浮いちゃってね。(^^ゞ

それに・・・曲が、

2拍子、3拍子、ごっちゃ混ぜ?
5拍子???
うわ~~~、なんか、イライラするぅ~
作曲・カエリヤマエイジ?誰?

・・・といった感じである。

1年目も、2年目も、
メイン曲は、『カエリヤマ』である。
ネットですぐに調べられる時代じゃないから、
カエリヤマって、何者?という感じだったのだ。
周りは、普通になじんでいるようなので、
今さら、『誰?』とも、聞けないし・・・(^^ゞ

マンドリンオーケストラが演奏する曲は、み~んな、
そのカエリヤマって人が作る曲みたいなものだ、と思ってた。
クラブ内では、『当然、カエリヤマだ。』という感じだったので、
そういうものか・・・と、何の疑いもなく、というか、
あまり、興味もなく?、弾いていたっけ。
でも、さすがに、3年も経つと、状況がわかってきて、
あれ?他の大学は、カエリヤマじゃないんだ・・・って。
それぞれの大学で、支持する作曲家がいたんですね。

名古屋大学ギターマンドリンクラブは帰山栄治と、
愛知学院大学マンドリンクラブは鈴木静一と、
愛知教育大学マンドリンクラブは川島博と、
名城大学ギターマンドリン合奏団は大栗裕と、
岐阜大学ギターマンドリンクラブは藤掛廣幸と、等々。
Wikipediaではこちら→マンドリンオーケストラ

まぁしかし、わけもわからず、身に付いたカエリヤマ節。
3年のスタッフになった頃には、すっかりなじんだわね。
今聴くと、どれも思い出深い。



再び、話を『栗』に戻しまして・・・
栗って、むくのが大変ですよね。
今回は、圧力鍋を使ってみました。

1)栗の頭に切れ目を入れる。
2)栗を圧力鍋に入れて、水をひたひたに入れる。
3)シュシュっとしてから、5分間くらい、煮る。
4)急冷して、ふたを開ける。
5)むく。

外の皮は、もちろん、渋皮まで、きれいにむけます。
栗の頭に切れ目を入れる時は、
包丁では、手が滑って、グサっとケガの元なので、
キッチンはさみを使うと簡単です。
栗のとんがった方に、ジョッキンとはさみで切れ目を入れましょう。


とりあえず、今日は、これまで。
それでは、また。(^^)/


スポンサーサイト



  1. 2010.10.16(土) 14:21:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドラ弾き日記(11月7日(日)) | ホーム | 雑談>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://meets55.blog55.fc2.com/tb.php/145-bee85079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)